イミタチオ・クリスティ

村の小さな教会

11月23日(月):序文と絶筆 榎本保朗師

f:id:dotadotayocchan:20201104142544j:plain


旧約聖書一日一章」榎本保朗著。この書物を私は何十年来手放したことはない。常に聖書と共に私の傍らにあった。今は、羽鳥明師の詩篇の講解を、朝毎に読んでいるが。少々不満である。何故かというと、師はラジオ牧師をしており、その語るところは、平易ではあるが、未信者向けなのか

物足りなさを覚える。しかし、始めて間もないし、12月31日までの日課が示されているので、そこまでは読み通したい。・・・・・・

f:id:dotadotayocchan:20200918192337j:plain

      ☆        ☆         ☆

今日は何気なく榎本師の本を手にすると、序文が目についた。もとより以前に読んではいたのだが、「はじめに」と書かれた序文を紹介したい・・

・・・・はじめに・・・・

この本は専門的な註解書ではありません。また旧約の講解書でもありません。旧約聖書を一章ずつ読んで、そこから私が聴いたものをつづったものです。現実的には、毎朝の早天祈祷会で私が語ったものを文章にまとめたものです。今日、聖書についての学問が多岐にわたり、その研究は年と共に広められ、深められています。聖書が「すべて神の霊感を受けて書かれたもの」(Ⅱテモテ3;16)である以上、神の霊感を受けなければそれを正しく受け止めることはできません。しかし、聖書が「書かれたもの」である以上、それは一つの文書であり、理解されなければなりません。

何千年も前に、われわれとまったく異なった伝統と風土、思想と習慣のもとで書かれた文書を正しく理解するためには、その書かれた状況をできる限り詳しく知ることが大切です。ここに、ここに聖書に関する学問の研究が聖書を正しく理解していくために重要なゆえんがあると言えましょう。

このような学問的成果に余り期待せず、ただ神の示しによって聖書を理解していこうとすることは、独断に走り、強引な読み込みとなるおそれがあります。従来、こうしたカリスマ的理解が「霊的」と言われていた傾向がありますが、私はそのような立場を取りません。浅学ではありますが、出来るかぎり聖書の助けを受け、知的背景のもとでみ霊の示しを求めて、今、神が聖書のこのところを通して私に何を語っておられるかに耳を傾けていく、これを私は「聖書に聴く」と申していますが、私は今日このような心構えで聖書を読み聖書から聴いていこうという運動を主唱しており

(アシュラム運動)、その一つのサンプルとしてこれをまとめました・・

・・・中略・・・

f:id:dotadotayocchan:20200808182352j:plain

このようなことは聖書の「勝手解釈」にならないかと心配する人あります。確かに自由に聖書を読ませ、そこで感じた恵みを語り合うとき危険がないとは言えません。しかし、どんな試みにも危険はつきものであり、それを恐れていては何もできません。聖書を勝手解釈することも問題ですが、聖書を読まないことはそれ以上に問題ではないかと思います。ともすると聖書は日曜の礼拝の時だけ読むものという考えが蔓延している今日、何としても、聖書を神の言葉として日毎に読んでいく習慣をつけることは大切なことだと思います。現に、この集会に出て、自分で聖書を読んでみて、そこから神の言葉を聴き取った人たちは、そのことに非常な喜びを感じ、以来、毎日聖書を読み、み言葉の養いを受けるようになり、その結果自然に積極的姿勢で信仰生活することができるようになったと報告してくる人が多くあります。大げさに言えば、この本は自分で聖書を読んでいこうとする人たちに多少とも勇気を与え、示唆を与えることができればとの願いを込めて世に出たものであります。・・・・

f:id:dotadotayocchan:20200725134129j:plain

この本を利用される方はまず聖書を読み、ご自分でそこから神の語りかけを聴かれた後に、一人の信仰者が同じところからどのような神の言葉を聴いたかという観点で読んでいただきたいと思います。そのようにこの本を利用してくださるなら、ある時は同じ言葉を聴いた喜びに、またある時には、自分は違ったことを感じたという感謝に導かれることでしょう。・・

最後に、この本が世に出るためにご推薦下さった作家の三浦光世・綾子夫妻、また出版のためにたえず忍耐強く励まして下さり、忍耐強く待って下さった主婦の友社出版部の方々、テープから文章をまとめる奉仕をしてくださった松波閑子姉、馬杉一重姉、松本瑞江姉、、松平吉生・千鶴子兄姉、に心より感謝いたします。

            1977年7月12日

            アメリカ、ブラジル伝道に旅立つ日

                        榎本保朗

     ☆          ☆           ☆

三浦綾子が後日書いた本によれば、彼女はこの伝道旅行に反対だった。先生の体がもたない。中止するよう何度も要請したが、榎本師は気持ちを翻すことはなかったという。姑息な手段であるが、彼女は、友人に呼びかけて先生の旅費を誰も献金しない様に呼びかけたそうであるが、どこからか工面して出かけてしまった。多分、「特攻隊」のように片道切符だったろう。結果は、三浦綾子が心配してことが現実となった。機中で持病(肝臓)が悪化し、帰らぬ人となった。52歳の若さだったと記憶している。

・・・はじめに、と書かれたこの本の序文が師の絶筆となった・・・

f:id:dotadotayocchan:20200708161119j:plain

シキちゃんが泣きべそかいてるそうだね。憂いは喜びにまさる、もう一つ成長するよ・・・・

11月22日(日):神の姿

f:id:dotadotayocchan:20201118112646j:plain

『イエスは彼に言われた。「ピリポ。こんなに長い間あなたといっしょにいるのに、あなたはわたしを知らなかったのですか。わたしを見た者は、父を見たのです。どうしてあなたは「私たちに父を見せてください」と言うのですか』(ヨハネ福音書14章9節)

おそらく、これは当時の人のみならず、私たちにとってもイエスの語った言葉の中で最もショッキングなものであったであろう。ユダヤ人は、いかなるときも神を見た者は一人もいないということを信仰の箇条として考えていた。私たちの固定観念の中にも「神はみえざるもの」「ありてあるもの」として深く印象付けられている。そして、もし神がこの世界に来られるとしたら、誰もが、その偉大さを称賛するような権力と尊厳とをもって、さる宮殿に王としておいでになるだろうと、考えていた。そうすれば誰もが「王なる神に」ひれ伏すだろうに・・・・・・

f:id:dotadotayocchan:20200730181707j:plain

にもかかわらず、イエスはナザレの寒村に大工の子として生まれ、育った。しかも30歳まで、彼は大工の子であった。バプテスマのヨハネのところでしばらく、しばらく学んだかも知れないが、イエスの宣教期間は極めて短い。それは長くて3年、実際は二年に満たないとも考えられる。・・

f:id:dotadotayocchan:20200729171034j:plain

にもかかわらず、神はイエスを通してご自身をあらわされた。イエスの言葉は、人間に語りかける神の声である。イエスの行為は、イエスをとおって人間に流れる來る神の力である。イエスは神が人間のもとに来たり給う経路であった。すなわち、イエスは神のメッセージ、神の心、人に対する神の思いを持って来られた。短い生涯の中で、イエスは神の心を余すところなく我々に伝えた。我々がこの世を生きていくために、必要なものは全てイエスの、言葉と、行いの内に凝縮されて存在している。ユダヤ人が考えたように、人間は神の全体像、神の姿を見ることは、不可能である。それはキリスト者であっても同じである。我々の視力、理解力は、「神の全体像」を捉えることは出来ない。神はそのような私たちに、御子を遣わされたのである。イエスはそのつとめを全うされた。十字架の死に至るまで

神への服従を、身をもって示された。それは、滅ぶべきものへの神の思いやりであった。『我が子を見よ、そこに満ちているものが、わたしである。お前たちが生きていくうえで、一つも欠けているものはない』と。

f:id:dotadotayocchan:20200708154216j:plain

エスに関して「満ち満ちる」という表現が、新約聖書の中に、6~7回ほど記されている。神はイエスのご生涯を通してご自身の表されたのである。「イエスに聞け」そこに我々の生き方のすべてがある。

     ☆       ☆        ☆

最近、ちえこも賢くなったのか、いろいろなものごとを決めていくとき

「イエス様ならどうするか」ということをまず考えるようになり始めている。まだほんの少しだけれど、それが、イミタチオ・クリステイの基本方針なのだが、人の業は深い。悟り得ない多くのものを我々は持っている。

そこに、祈りが生まれてくる。祈りなしにイエスにまみえることは出来ないし、その道を歩むことも出来ない。せめてイエスの満ち満ちるさまに憧れて生きていきたいものである・・・・・・・

f:id:dotadotayocchan:20200509193302j:plain

今日は、佐々木秀一先生が礼拝のご奉仕をして下さった。奥様もしばらくぶりにおいでになり、感謝・・・・12月は、27日の予定です。

11月21日(土):英雄と臆病者

f:id:dotadotayocchan:20201121164244j:plain

『イエスは彼に言われた。「まことにあなたに告げます。今夜、鶏が鳴く前に、あなたは三度、わたしを知らないと言います」ペテロは言った。「たとい、ごいっしょに死ななければならないとしても、私は、あなたを知らないなどとは決して申しません」。弟子たちもみなそう言った』

    ・・・・マタイ福音書26章34~35節・・・・

聖書の注解者、説教者は往々にしてこのペテロのしくじりを取りあげる。

だが、私たちは忘れてならいことがいくつかある。弟子たちは皆、(ヨハネを除いて)イエスを見捨てて逃げ去っていた。だがペテロは、大祭司邸に踏みとどまっていた。(隠れるようにしてではあるが)。・・・・

ゲッセマネの園では、

f:id:dotadotayocchan:20201017111824j:plain

大敵を向こうに回して剣を抜いたのは彼だけだった。彼はただ一人の勇敢な男だった。ペテロについてまず考えなければならないのは、彼のしくじりではなく、他の者が皆逃げ去ってもイエスの側にいたその勇気である。確かにペテロはしくじりをしたが、他の弟子たちが皆逃げ去った後の失敗である。言葉を換えれば、イエスの下に踏みとどまったが故の否認であった。むしろ、私たちは彼が勇敢であったと見ねばならない。・・・・・・・

f:id:dotadotayocchan:20200404101815j:plain
私たちは、ペテロがどのように自分を償ったかを思い起こさねばならない。この失態の出来事はすぐに仲間内に広まった。大衆は悪意のある物語を愛するからである。伝説が語っているように、ペテロが通ると、人々は

鶏の鳴き声を真似たというのは本当のことであろう。・・・・・・

問題の核心は、二階部屋で忠誠を誓ったのが真実のペテロであり、園の月明かりの中で一人剣を抜いたのが真実のペテロであった。自分は主を残して去ることが出来なかったために、イエスに従って行ったのが真実のペテロであった。緊張の中で押しつぶされそうになり、主を否認したのは真実のペテロではなかった。そこにおいて、ペテロはイエスを理解することとなった。失敗だらけの自分の奥底に、イエスは理解し示し、赦しを示し、やがて変わりゆくであろう弟子に、愛を教えたのである。イエスの赦しの愛がどれだけ尊いものか、この愛弟子は悟っていくことだろう・・・・・

f:id:dotadotayocchan:20201017111718j:plain

姦淫の罪を犯していた女がイエスの前に、パリサイ人たちのよって連れて来られた事件を覚えているだろうか。ウィリアム・バークレーの書物の主題は、「第二の機会」ということだそうである。「わたしは、やがてあなたと会えるのを楽しみにしている」。ペテロにもイエス様はそう語られたのだろうか・・・・

f:id:dotadotayocchan:20201114104804j:plain

竹内先生から今日もお便りをいただいた。筆まめな方で、嬉しい限りである。自分はと言えば、ブログは書くが、手紙は書けないというおかしな習性がある。平にご容赦を・・・ちえこはそれでも筆マメだ。今日眼科の帰りに、しほこさんの所へ寄って来た。お粥を食べて、5キロ痩せたとのこと。ふ~ん、似たことがあるもんだね・・・・しほこに負けてはいられねぇ~・・・・

11月20日(金):来て、そして、見なさい

f:id:dotadotayocchan:20200909111704j:plain

『ピリポは、ナタナエルを見つけて言った。「私たちは、モーセが律法の中に書き、預言者たちも書いている方に会いました。ナザレの人で、ヨセフの子イエスです」ナタナエルは彼に言った。「ナザレから何の良いものが出るだろう。」ピリポは言った。「来て、そして、見なさい」』

  ・・・・・ヨハネ福音書1章45~46節・・・・・

f:id:dotadotayocchan:20200704112032j:plain

エスに招かれて弟子となったピリポは、友人ナタナエルに会ってこう言ったのである。それに対しナタナエルはにべもなく答えた「ナザレから何の良いものが出るだろう」。旧訳聖書の何処にも神の選びの人が出るなど預言されていない。ガリラヤの田舎町から、どうして偉大なものが出るだろうか。ということなのである。そこで、ピリポは賢明だった。彼は議論はしなかった彼が言ったことは単純だった。「来て、そして、見なさい」

議論に説得されてキリスト教に入った人々は少ない。私たちの議論は、益となるよりは害になることが非常に多い。人にキリストを信じさせる唯一の方法は、その人をキリストを引き合わせることである。すなわち、人々をキリストへと勝ち取るものは、議論がましい、哲学的な説教や教えではなく、それは、十字架の物語を示すことである。・・・・・・・

f:id:dotadotayocchan:20200620105913j:plain

19世紀の終わりの頃、偉大な不可知論者、ハックスレーがある名士の邸宅に客として泊まっていた時のことである。日曜日が来て、客人のほとんどが教会へ行く準備をしていた。当然のことだが、ハックスレーは行こうとしなかった。ハックスレーは、単純で熱心な信仰を持っていた一人の男に歩み寄り言った。「あなたは今日、教会へ行くのをよして、家にいて、あなたにとってキリスト教信仰が何を意味するか、あなたはなぜクリスチャンなのか、ごく簡単に、私に話してくれませんか」。しかし、その男は言った。「きっとあなたは私の議論など、たちまち砕いてしまうでしょう。私はあなたほど賢くはないですから」。ハックスレーは穏やかに言った。

「私はあなたと議論するつもりはないのです。ただ、あなたに、キリストがあなたにとってどういう意味があるのか、話してもらいたいのです」。

その男は家に残り、彼の信仰について、最も単純にハックスレーに語った。彼が話し終えて時、この偉大な不可知論者の眼に涙がたまっていた。

「もし私がそれを信じることができさえしたら、私はそれに身をささげるのだが」とハックスレーは言った。ハックスレーの心を動かしたのは、明晰な議論ではなかった。」・・・・実際こんなことはあるのです・・・

f:id:dotadotayocchan:20200602151016j:plain

最上の議論は、人々に「来て見なさい!」ということである。問題は、キリストのもとに来るように他の人々を招くには、自分自身、キリストを知らねばならない。自分自らキリストを知っている者のみが真の伝道者なのである。・・・・・・・少し耳が痛み出した・・・・

f:id:dotadotayocchan:20200424101346j:plain

今日は朝から小雨模様、一日一歩も外へ出なかった。犬のまるが廊下で顎を出して寝ている。名古屋のしずこさんから、いつものパンと、柿などが贈られてきた。感謝。お世話になった人からいまだにお世話になっているのもおかしなことだが、隣人の親切を、喜んでお受けするのも信仰のうち。・・追記:ハッピーどころではなくなった。シバタさんの状況を聞いた。主よ、という祈りしかない・・・・がんばれ・・・祈る・・・

 

f:id:dotadotayocchan:20200424094029j:plain

 

11月19日(木):十字架の栄光

f:id:dotadotayocchan:20200918194411j:plain

偉人と言われる人々は、しばしば、その死によって自らの栄光を現わした。それは歴史の一つの偉大な事実である。彼らはどのような人間であったかは、彼らが死んだときに、また彼らがどのような死に方をしたかによって、人々に示されたのである。生きている間には彼らは誤解を受け、低く評価され、時には、有罪宣告を受けていたかも知れない。だが、彼らの死は彼らの高貴さと、道理にかなった彼らの正当な立場を現わしたのである。・・・・・・・

f:id:dotadotayocchan:20200828160146j:plain

奴隷たち

アブラハム・リンカーンにも、その在世時には幾人かの論敵があった。しかし、彼を批判し、彼を過小評価したそれらの人でさえ、彼の死を前にしてその偉大さを理解したのであった。暗殺者の一撃がリンカーンを撃ち殺した後に、彼の部屋から出来た一人の人が言った。「今や、彼はよろず世の者となった」と。リンカーンの陸軍長官であったスタントンは、いつもリンカーンを粗野で洗練されていない人間とみなし、侮蔑の感情を隠そうともしなかった人だが、リンカーンのなきがらを見下ろす目には涙があふれていた。「ここに横たわっているのは」と彼は言った。「かつて世界が出合った者の中で、人類の最大の指導者なのだ」と。・・・・・・・

f:id:dotadotayocchan:20200524225121j:plain

ジャンヌ・ダルク

ジャンヌ・ダルクは英国人によって、魔女、また異端者として火刑に処せられたが、その時群衆の中に、かつて、彼女の処刑の時には自分も火に薪をくべると誓った男がいた。しかし、彼はその場におよんで、「この女性の魂のあるところに、わたしの魂もあるように!」と叫んだのであった。英国王の側近の一人は、「我々は全て破れたのだ、一人の聖人を火あぶりにしてしまったのだから」とつぶやきながらジャンヌの火刑場を去った。

これ迄、幾度となく殉教者の尊厳は、その死において現わされてきた。

エスの場合もそれと同じであった。というのは、十字架の下にいた、百卒長でさえもが、「この人は真に神の子であった』(マタイ27章54節)

と言い残しているからである。『十字架』はイエスの栄光であった。なぜなら、イエスがその死に臨んだときほど威厳に満ちていたことはかつてなかったからである。『十字架』はイエスの栄光であった。何故なら、『十字架』の磁力は、イエスの生存がとてもなし得なかった仕方で、人々をイエスに引き付けたからである。そして、それは現在も続いている。・・・

エスを見つめるとき、十字架上試練を受けているイエスをみつめるとき、、私たちは言わざるを得ない。「あぁ、どんなにイエスは神を愛していたことであろう」と。イエスは十字架上で、完全な愛における完璧な

服従を表すことによって、神の栄光を表したのである。・・・・・・・

f:id:dotadotayocchan:20201107104824j:plain

しかし、ここにそれ以上のことがある。イエスは神に神の栄光、神御自身の栄光をあらわしてくれるように祈ったのである。『十字架』は終わりではなかった。『復活』がそれに続いた。十字架の恥辱は、神の子が世に来られて父のもとに帰る栄光の道であった。主イエスの復活は、私たちをその帰還の道を指示している・・・・・


       ・・・ヨハネ福音書18章28節・

フランス、オルレアンの少女は、イギリスの姦計によって、獄につながれた。獄吏たちは、極秘の資料によれば、ジャンヌを拷問し、いたぶり、凌辱したとある。主イエスの十字架といえども決して、これらに関わった者たちを赦しはしないであろう。この世にはこうして地獄に落ちる者たちもいる・・・・・それは、リンカーンを暗殺した者も同様であろう・・・

f:id:dotadotayocchan:20201118160131j:plain

 この世には、限りない罪の深さがある。主よ我らを、こころみにあわせず悪から救いたまえ・・・・・

f:id:dotadotayocchan:20200918192435j:plain

 

 

11月18日(水):世界で一番偉い人

f:id:dotadotayocchan:20201118160042j:plain

あるユダヤ人のラビが、あるとき、「神様。世界で一番偉い人に会わせてください」と神に祈っていたら天使が来て、彼を案内しました。まず、宰相の家を通り過ぎました。次に、将軍の家を通り過ぎました。一代の名僧の住む寺院も通り過ぎました。やがて、一軒の貧しい小さな部屋を静かに開けて見せました。そこでは一人の人が一生懸命神に祈っていたということです。・・・・・・・・

f:id:dotadotayocchan:20201118160611j:plain

昨日は私の目のことでご心配をかけました。お祈り下さった方々に感謝します。お陰様で眼帯も外れ、正常になりました。ほんの一日足らずのことでしたが、パウロが言うように、人間の体のあらゆる器官は、一つ一つ大切なものですね。・・・・・・・

       ☆       ☆        ☆

f:id:dotadotayocchan:20201118192448j:plain

☆・・午後は竹内先生ご夫妻から頂いた、カタログブックより注文していた、アルの「舘」が届いていたので、組み立て見ました。アルはエラクご満悦の様子です。ちえこが甘やかすので、増長著しい。一家の主(あるじ)の座る椅子の争奪戦を繰りかえしています、・・・・・・・

f:id:dotadotayocchan:20201118192555j:plain

☆・・仙台のMと言う人から電話があったことは、昨日書いたと思うが、私が書いた「イミタチオ・クリステイ」と言う、小冊子を読んだと、今年の1月2日にも電話があったが、あぁ、そうですかと言っておいた。十年くらい前に送ってあったものを今頃読みましたと言われても、Mさんには責任はないだろう、牧師が信徒風情の書いたものを、10年たなざらしにしていたようなのである。「あぁ、そうですか」それで終わりにしたい。私は既にルーテルとは関りを切っている。それを貫き通すだ

けだ・・・・・・・

☆・・久しぶりにメリケンコさんから、☆マークをいただいた。漫画家志望なのか4コマ漫画を描いておられる。案外、ほんわかとして暖かい感じがする。サトウ・サンペイだったと思うが、中央紙に毎日漫画を載せていた。

昔のことで、ゲラ刷りの新聞の原稿がFAXで送られてくるが、新聞が印刷にかかるまでに原稿を送らねばならない。(時評を入れなければならないので)時間がない。本人は七転八倒するそうであるが、そこは、プロの意地で、さらりと描いてよこしたと、想われたいと、特集記事に書いていたのを思い出した。あぁ、笑わせるのも大変だ・・・・・

f:id:dotadotayocchan:20201118112748j:plain

☆・・最近、真夜中の訪問者が多い、日付が変わるころから朝の6時ころまでに

このブログにアクセスして下さる方が、7~8名前後おられる。あまりこのブログのことは宣伝しないのだが、読んでくださる人も増えてきて嬉しく、感謝しています。ありがとう、もっといいものを書きたい・・・・

☆・・驚くべき数字がある。「北秋田恩寵教会」でウエブを検索してみると、アクセス数が優に500を超えている。他の同地域の教会は一桁台なのになぜ500と言う数字になるのか、不思議でならない、月別の数字を見ても毎日、3~4人が見ているようだ。いずれにしても、何かの役に立って欲しい、「あなたのパンを水の上に投げよ」伝道の書11章1節

f:id:dotadotayocchan:20200804170252p:plain

 

 

 

 

 

11月17日(火):お目目が痛い

f:id:dotadotayocchan:20200414220342j:plain


今日、右目の瞼の手術をしてきた。先月5日に左目、今回は右。少し痛みが出てきたので、処方された薬を飲んだら少しおさまってきた、これで目の手術も6回目。今日はブログもパッパと切り上げ休むつもりでいたら、仙台のMさんから電話があった。学生時代彼の自宅で、家庭集会をやっていた。それがルーテルの仙台教会のはしりであった。今では大きな立派な教会になっている。懐かしい思い出も一ぱいあるが、今日はこれくらいにしておこう。今日は効き目、右目が見えないので、文字を見るのがやっと。明日には眼帯も取れて正常になる。久々に早く寝る。まだ6時半だがお休み・・・・

f:id:dotadotayocchan:20200905180604j:plain

まぁ、可哀そうおやすみなさい。良い夢見てね!