イミタチオ・クリスティ

村の小さな教会

9月23日(土):異邦人の律法

『神にはえこひいきなどないからです。律法なしに罪を犯した者はすべて、律法なしに滅び、律法の下にあって罪を犯した者はすべて律法によってさばかれます。それは律法を聞く者が神の前に正しいのではなく、律法を行う者が正しいと認められるからです。律法をもたない異邦人が、生まれつきのままで律法の命じる行いを、律法をを持たなくても、自分自身が自分に対する律法なのです。彼らはこのようにして、律法の命じる行いをする場合は、律法を持たなくても、自分自身が自分に対する律法なのです。彼らはこのようにして、律法の命じる行いが彼らの心に書かれていることを示しています。彼らの良心もいっしょになってあかしし、また、彼らの思いは互いに責め合ったり、また弁明し合っています」(ロマ書2章11~15節)

この箇所ではパウロは、異邦人に向かって語っている、彼はユダヤ人の誤った考え、すなわち彼らの特権と特別の恩恵について語って来た。ユダヤ人は確かに一つの利点を持っている、それは律法である。これに対して異邦人は次のように主張して仕返しするのももっともなことである。「神は律法を所有し、それをよく知っておくべきユダヤ人を責めるべきであって、われわれ異邦人は律法を知る機会がなかったし、よく知ってもいないので、裁きから確かに免れるであろう」この主張に応えてパウロは、二つの大原則を提示する。

(1)・・知り得た機会に応じて人は裁きを受ける。律法を知っているならば、律法を知っている者として裁かれ、律法を知らないならば、知らない者として裁かれる。神は公平である。なお、イエスがこの世に到来される以前に生存していた人とキリストの使信を聞く機会がなかった人に対して、どのような裁きが下されるかの問い対する答えもここにある。キリストの答えは、人の知り得る最高の可能性に対して、彼が忠実であったか、否かによってさばかれるという。もし彼が知り得た最高の事柄に対して忠実であるななら、神はそれ以上求めることはできないし、また、なさらないでのである。

(2)・・パウロは続いて、成分律法を知らない者でさえも、彼らの心の中には成分化されない律法を持っていると主張する。われわれはそれを善悪を知る本能的知識と呼んでいる。ストア哲学者は、宇宙にある法則、すなわち健康の法則、道徳法、生命と生活を支配する法則・・・が働いているが、人は危険を冒してまでそれを犯そうとする、と、説く。ストア哲学者はこれらの法則を、・・・自然の意・・・とよんだ。彼らは、人間が即ち、自然に従って生きるように勧告する。人間の性質そのものには、人のなすべきことに関わる生まれながらに固有の、本能的知識が植え付けられている、と言うのがパウロの論旨である。ギリシャ人はそれに同意したことであろう。アリストテレスは「教養と自主性の有る者は、自分自身を律法とし自分の思う通りに振る舞う」と語った。ブルタルコスは、「誰が支配者を治めるのか」との問いに対して、次のように答えている。「それは律法である。ピンタロスが称しているようにそれは、全ての死すべきもの、不死のものの王である。それはパピルスの巻物や木版に記されているものではなく、魂の中にある彼自身の理性である。それは永久に彼と共にあり、彼を守り、彼の魂を決して指導者の不在のままにしておかないものである」。パウロは世界に二種類の人々に分類されるとみた。一つは神から直接律法を与えられ、しかもすべての人が読めるように記述された律法をもっているユダヤ人と、他はこの成分律法を所有しないが、それでも心の中に神から植え付けられたああ正邪に関する本能的知識を持っている異邦人である。いずれも神の裁きから免れると主張することはできない。ユダヤ人は神の計画の中で特別の位置を占めているので、免除されるとは主張できない。ユダヤ人は律法を知っている者として裁かれ、異邦人は成分律法を持たずとも、神の与えられた良心を持つ者として裁かれる。神は、人を知り、かつ知る機会を得た事にしたがって人を裁かれる。



 

 

 

9月13日(水):秋田の猛暑

今年の秋田の猛暑は、全国一だという。連日35度越え、これはたまらん。頭がボーとしてほとんど思考力が失われしまう。今はただひたすら、気温が下がることを願っているばかり、どうした気候、になってしまったのだ。加えて、地震や洪水や戦争が起きている。世の終わりが近いと思わせられる。いずれにせよ、ひたすら、耐えていくしかなさそうだ。いやな時代になったなぁ~。

8月12日(土):深代惇郎(ふかしろじゅんろう)

昭和4年東京生まれ。28年3月東大頬鵜学部卒。同年4月朝日新聞社入社。横浜支局員、東京本社社会部員、ロンドン、ニューヨーク各特派員、東京本社社会部次長を経て、43年論説委員(教育問題担当)46年ヨーロッパ総支局長、48年1月論説いいん、どうねん2月から50年11月、1日、入院するまで「天声人語」を執筆した。50年12月17日、旧制骨髄性白血病のため死去。・・・・・・・・・

この人の経歴はまさに、「東大卒」のお手本のように、出世街道をまっしぐらに進んだ。この人を知ったのは、天声人語を書いておられる時だったので、そんなに長くはないが、その書く文章は、軽妙洒脱、実に文章が上手かった。それに、文章そのものが、どことなくあたったかかった。どこかでも書いたが、この人の絶筆が、「斑鳩(いかるが)の白い道の上に」と言う本を読んで感想を書いたのが絶筆となった。わずか46歳だったと思う。「斑鳩の白い・・・」は聖徳太子の悲劇を描いた本である。その一族は皆殺しにされるという悲惨な運命をたどるが、その太子ゆかりの法隆寺をいつか尋ねてみたいと書いたのが絶筆になった。・・・・・・・・

この人はまた、大仏次郎の絶筆について「天声人語」に書いている。当時、朝日新聞に「天皇の世紀」と言う大作が掲載されていた。まさに、大佛次郎がライフワークとして渾身のおもいをもって書き続けていたものである。著者がどこかでインタビューを受けていた。「先生、この連載はいつまで続くのですか}との問いに「僕もわからないんだよ」と答えておられた。・・・・・・・

この途方もない連載が、休載になる前に書かれていた場面は明治維新北越戦争、「官軍」をっ迎え撃つ河合継之助の最後の場面である。「火を斌にせよ」とつぶやいた河井の最期を締めくくったのが、司馬遼太郎であるが、大仏はもう少し悠然としていた。関係者は、大仏先生が、継之助の最期を書けるのか、その前に先生の命が尽きるのか、固唾をのんで見守っていた。連載1555回目、休載と記して筆を置いた。その二週間後に静かに息を引き取ったという。負け戦は初めから覚悟していた河合継之助と同様、最後のサムライを描いて見せた。大仏次郎、偉大な作家であった。・・・・・・・大仏師の欠いた。ノンフィクションもすばらしかった。今もその大部分は私の書棚にある、ドレフュス事件パナマ事件、ブーランジュ将軍の悲劇、地霊、詩人、・・・・・。

 

8月4日(金):H・ジェイコブズ博士

キリスト教教義学の著書の中で、翻訳者の鍋谷莞爾教授が博士のエピソードとして紹介している面白い話がある。【ある時、ジェーコブズは近所の散髪屋で散髪をしてもらったが、翌日また散髪屋にやって来た。店の者が「ジェーコブズ博士、何か御用ですか?」と尋ねると、「散髪をしてもらいたい」と頼んだそうである。数日経って、今度は、銀行の窓口に立っていたので、係の者が「ジェーコブズ博士、何か御用ですか?」と尋ねると、「散髪して貰いたい」と頼んだそうである。古きよき時代に、神学に没頭する学者の風貌をうかがわせる話である。・・・・・・

大学の先生の名赤にはおかしな人がいる。ある朝、松村某教授は、背広を着て、ネクタイを締め、カバンを持ち自宅を出た。バスの停留所でバスを待っていたのだが、何か周りの人が、怪訝そうにこちらを見るので、どうしたのだろうと思いつつ、ふと足元を見るとず

8月4日(金):H・ジェイコブズ博士

キリスト教教義学の著書の中で、翻訳者の鍋谷莞爾教授が博士のエピソードとして紹介している面白い話がある。【ある時、ジェーコブズは近所の散髪屋で散髪をしてもらったが、翌日また散髪屋にやって来た。店の者が「ジェーコブズ博士、何か御用ですか?」と尋ねると、「散髪をしてもらいたい」と頼んだそうである。数日経って、今度は、銀行の窓口に立っていたので、係の者が「ジェーコブズ博士、何か御用ですか?」と尋ねると、「散髪して貰いたい」と頼んだそうである。古きよき時代に、神学に没頭する学者の風貌をうかがわせる話である。・・・・・・

大学の先生の名赤にはおかしな人がいる。ある朝、松村某教授は、背広を着て、ネクタイを締め、カバンを持ち自宅を出た。バスの停留所でバスを待っていたのだが、何か周りの人が、怪訝そうにこちらを見るので、どうしたのだろうと思いつつ、ふと足元を見ると何と、ズボンをはいていなかったというのである。これもまた古きよき時代の話である。・・・・・

ところが最近の大学教授は、胸のポケットに手鏡を入れているそうである。それで女子高生のスカートをどうの、河野と裁判沙汰になっているそうである。この際、彼が有罪かどうかは、些細なことである。そもそも、教授なる者が、手鏡を持ち歩くこと自体私には「万死」に価すると、考えるのだが・・・・。

 

7月26日(水):申命記 モーセの生涯と見果てぬ夢

モーセの生涯を想う時、モーセに限らずアブラハムに始まりパウロに至るまで、その生涯は苦難の「歴史」であった。私達は、少なくとも自分は、かの聖徒たちのように生きたいかと問われれば、イエス様には申し訳ないが「平(ひら)にご容赦を」と言わざるを得ない。そう言えばモーセも「私は口下手で・・・」とお言葉を固辞した事があった。また、「もう、沢山です、もう私はこの民を導くことはできない、私を殺してください」と、申し上げたこともあった。波乱万丈の生涯を、物語として読むには面白いが、わが身に降りかかってくるとなると話は別である。スタコラサッサと逃げるが勝ちである。丁度ヨナのように、タルシシへでも行って「難」を逃れる方が良いと考えるのrである。・・・・・

しかし、私たちの間に、堅く信じられていることがある「神の召しと賜物は変わらない」・・・多分、それは変えられないということなのかも知れない。・・・・申命記34章は、締めくくりである。モーセの苦難の歴史は終わった。見方によっては、その昔、120年前葦の茂みに沈んでしまった方が彼にとっては幸せであったのではないか。と思われる生涯であった。そして、今、また「乳と蜜の流れる地」を眼の前にして「お前はここで死ね」と言われる。【ありて、あるもの】に襟首を掴まれ振り回されたような生涯であった。・・・・・森 有正だったと思うが、アブラハムの生涯について書いている「彼の人生は現世的に見て、幸せだったのかと。・・・・そうではあるまい、そうではあるまい、と書いている。・・・・我々は、「見果てぬ夢」十字架の贖いの向こうにある、その祝福に目を留めないならば、すべてのことは空しい、モーセアブラハムもイサクもヤコブもこの「一事」は知っていた。